名古屋総合法律事務所の評判はココでチェック

ウーマン

準備しておくもの

相談

訴訟を起こす必要がある

B型肝炎の給付金は集団予防接種でウィルスに感染した1次感染者と、1次感染者である母親から感染した2次感染者に支給されます。1次感染者が給付金を受け取る為に準備しなくてはいけないものは、B型肝炎ウィルスを保持していることを証明できる血液検査結果、母子手帳もしくは予防接種台帳、母親の血液検査結果、予防接種以外で感染経路がないことを証明する書類などです。2次感染者の場合には母親が1次感染者であることと、B型肝炎ウィルスを保持していることを証明する血液検査の結果が必要になります。B型肝炎ウィルスに感染したことで肝がんなどになり亡くなった場合でも、遺族が請求すれば給付金は支給されます。その場合には医師の診断書が必要になります。これらの書類を揃えて国に対して訴訟を起こし、訴えが認められれば和解金として国から給付金が支払われます。訴訟を起こして給付金が支払われるまで最短でも6ヶ月程度かかります。これまで訴訟を起こしたことがない人が多いので、B型肝炎に関する訴訟は弁護士に依頼するのが一般的です。弁護士は無料で相談にのってくれる上、費用も給付金が支給されてから支払えば良いので安心して相談できます。また国から弁護士費用を補助するお金も支給されます。予防接種を受けたのは子供の頃なので、記憶があまり残っておらず記録を探すのも難しいという人も少なくありません。弁護士に依頼すれば入手できない書類がある場合でも、どのようにすれば良いか教えてもらうことができます。